読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

閑古鳥音楽帳

ウェブサイト「閑古鳥音楽廊」のブログです。読書、作曲の話題など。

閑古鳥音楽廊へのリンクはこちら → 〈ウェブサイト〉

探偵・日暮旅人の探し物【山口幸三郎 メディアワークス文庫】

 目に見えないものを「視る」ことができる、主人公の日暮旅人を軸にした、(少なくとも1巻は)ハートウォーミングな物語である。どうも私は『ビブリア古書堂』『魔法使いのハーブティー』『路地裏のあやかしたち』など、心情描写がある程度しっかりしたものが好きなようだ(逆にしっかりしすぎていると、クドく感じるようになる)。

 仕事が理系だから、読み物には文系を求める質なのだろうか。でもその割に8月用には理系本買ったしなあ…。

 

 1巻では、物語は始まってすらいない。実際、登場人物とその人となりの紹介にページを割いていて、複数巻構成を前提としている。だから、現状あまり感想というものはない。丁寧に書かれているな、とは感じた。

 既に6冊程刊行されているシリーズなので、まずは次巻を楽しみにする。