閑古鳥音楽帳

ウェブサイト「閑古鳥音楽廊」のブログです。読書、作曲の話題など。

閑古鳥音楽廊へのリンクはこちら → 〈ウェブサイト〉

超特急便ガール!【美奈川護 メディアワークス文庫】

 14日に読了。タイトルも読むペースも超特急便であった。

 (良い意味で)美奈川さんがやりたい放題書いた感がある。前作では意図的に控えめにしていたのであろう、登場人物それぞれの個性が全開だ。この個性は、登場人物の遍歴に根ざすところもあり、結果それも面白さに繋がっている。

 実際、以下に抜粋したようなやりとりが多くあるのがこの作品だ。電車の中では要注意である。

 至極もっともな主張だが、沙織が聞く耳をもつはずがない。折り畳んだコピー用紙を無理やり押しつけながら、聞き分けのない弟を叱責するような口調で叫ぶ。
 「純朴な地方青年キャラは捨てるの! 上京して男になってくるって、可愛いあの娘と別れ際に駅のホームで約束したんじゃなかったの!」
 「勝手に過去を捏造しないで下さい! 大体俺、同年代の女子と話すの苦手なんです! スカートが膝上の女子は更に苦手なんです!」
 「黙れチェリーボーイが! スカートの丈なんざ、脱がしちまえば関係ないんだよ! ゴチャゴチャ言わずに早くいってこいや!」
 段々と本性が出てきた沙織に背中を蹴飛ばされながら、佐古田はほとんど泣くようにしてセンター街に逃げ込んでいった。嫌なら頑なに拒否すればよいものを、そういうところは意外と律儀なのだ。陶子も人のことは言えないが。  

  7割くらいこんな調子である。と言って全編そんなことはなく、きちんと話に一本芯もある。だから楽しいまま読み切っていける。

 

 

 

 残念なのは、誤字脱字が非常に目立つこと。メディアワークス文庫は、編集部による校正が大分甘いのか、どの作品にも誤字がある。あとがきに「作品を出すまでについても超特急便」と書いてあることから、相当タイトなスケジュールで出版したようだ。誤字だけなら(良くないが)まだしも、完全に同音異義語になっている箇所もあった。おいおい、文章で商売してるのにそれは駄目だろう編集部。

 この文庫は、ビブリア古書堂シリーズや、生贄のジレンマなどでようやく軌道にのってきた。品質向上のため、文庫編集者はもっと注意して誤字脱字の修正に取り組むべきだ。